ブランドが大好きな日本人

日本人は世界的にみてもブランドを好む傾向があります。ブランド物のバッグや財布を持つ人は珍しくなく、それが一種のステータスシンボルになっているともいえます。また、ブランドは高価格なもののみならず、低価格のものもあり、日用品においても浸透しているものがありますが、日本人は世間的に一般的となっているブランドの商品を選ぶ傾向が強く、自分らしさを追求する点においては、世界中の人と比較しても弱いともいえます。もちろん物がいいから購入するという面もあるでしょうが、ブランドはいわば無難であり外れが少なく、多くの人が買っているから自分も買う、という意識があるのは言うまでもありません。 日本人と違って欧米の人たちは、高価であるが長持ちをさせるために購入するという側面が強く、日本人のように新作が出たらその都度買う、ということはそうそうしません。ブランドを所有することをステータスシンボルであると認識しているのは、世界の中でも日本人だけではないでしょうか。