ブランドの並行輸入の仕組みはどうなっているのか

海外で作られたブランド品が国内に流通するまでには販売代理店や卸業者などのさまざまな業者の手に触れて流通しますがこのような流通経路の場合には中間コストがかかるためそのコストが価格に反映されてしまいます。こうしたコストを削減した流通方法が並行輸入です。並行輸入とはブランドの本社に直接バイヤーが買い付けにいき買い付けた品を国内で販売するため卸や代理店などの業者を経ずに消費者の手元に行き渡るためコストがあまりかからないことから格安の価格で販売されています。並行輸入の強みとしては正規代理店では販売できないような海外限定モデルなどを売れることにあります。並行輸入は個人あるいは法人の業者が自由にブランドに買い付けに行っていますから国内であまり流通していない商品の買い付けをできるため珍しいアイテムの販売を行えるのです。こうした背景からもブランド品を買う場合には並行輸入を行っている販売店から買うのが賢い方法です。