偽造ブランドの見分け方

海外旅行などに行くとブランド品が日本に比べると安く買えるお店がかなりあります。ただし中には偽ブランド、つまり偽造品をあたかも本物のように販売しているお店がある事も事実です。商品に対する基礎的な知識を習得することで、これら偽物の見分け方を身につけておく必要があります。 カバンなどを中心に世界的に評価を得ているブランドの財布などを例にとりますと、ファスナーやホックの金属が見分け方として有効な場合が多いです。金具の凸の先端部分がとがっているのが本物のポイントで、丸かったり平らだったりというのはまず偽物と思って間違いないでしょう。また見分け方として、偽物は総じて製作コストを安く抑えているものが多いので、金属自体の質感や重厚感が薄っぺらな物がほとんどです。本物は素材に対しても販売価格に見合うだけのものを使用していますし、加工に関しても手抜きをしないものです。 正規販売店で実物をよく観察するのも大変効果的ですのでお勧めです。